チケット仲介サイトの転売トラブル②

買わないのが安全、でも間違えて買っちゃったら・・・

トラブルの多いチケット仲介サイトは海外の事業者が運営しているものが多いのでキャンセルや苦情の申し出をしても定型文のような返事がくるばかりでこちらの求めにきちんと対応されないこともしばしばです。

最近はチケット不正転売禁止法の施行もあって、スポーツイベントやライブ等の
多くが転売チケットでは入場できない規約になっています。

チケット不正転売禁止法は特定興行入場券と呼ばれる一定の条件を満たすチケットを業として転売する人、また、それを購入する人を規制するもので、トラブルが多いにも関わらずチケット売買の場を提供する仲介サイトは直接的な規制の対象にはなりません。

なので、他人名義のチケットを買うことになると知りながら、どうしてもチケットを入手したいから…と仲介サイトを利用して買った人は、たとえ現地で入場を拒否されてチケットが無駄になっても、それは基本的に自己責任になります。

ただ、仲介サイトの中には公式サイトと誤解するような似たデザインやマークを表記をしていて勘違いをさせたり、また、自分達が転売の仲介サイトなので買う側は他人名義のチケットを購入することになり興行主の規約によっては入場できないリスクがありますよ…といったデメリットを正確に表示していない、もしくは、説明が分かりにくいサイトも多いです。

消費者庁からもこのようなトラブルに関する注意喚起が報道発表されています。

このような状況で誤解して仲介サイトを通じてチケットを購入した場合、代金をクレジットカード決済で払っていたら、 カード会社に事情を説明して調査と請求の取り下げを依頼してみるのも一つです。

ポイントは・・・

・その仲介サイトが正規の販売サイトだと思うような表記や状況があったので正規サイトからの購入と思い注文・決済した

・が、届いたのは他人名義のチケット

・それは興行主の規約では入場できない無効のチケットになるが

・仲介サイトの注文前の画面にはそのようなリスクの説明等は記載が無く返金を求めても対応されない

ということになると思います。

カード会社によっては消費者個人が連絡しても上手く伝わらず、思ったような対応がされない場合もあります。そのような時は消費生活センターに相談してみるのも一つです。

ただし、調査依頼の受付や請求取消にするかどうかはカード会社の判断によりますので必ず被害が回復されるという訳ではありません

インターネットでの買い物は、くれぐれも即決せず

信用できるサイトか
利用規約や返品ルールはどうなってるか

を確かめて、利用しましょう。 怪しいと思う点があったら、価格が安くても利用しないのが鉄則です。

最新情報をチェックしよう!