マヌカジンセンってどんなもの?

ネット通販界隈を研究しているこぶたんが送る検証シリーズ第2弾、今回はロータシア製薬の食生活サポートサプリメント「マヌカジンセン」です。
(第1弾「艶黒美人」の検証はこちら

この商品については以前の記事で「トラブルが多く2019年9月13日に適格消費者団体から提訴された」と紹介しましたが、Twitter等を見る限り、その後も同様の契約トラブルが減っていないようですので、詳しく検証したいと思います。

まずは一応、商品の概要を紹介します。
この「マヌカジンセン」、4種のジンセン(高麗人参・田七人参・発酵紅蔘・ジンセンベリーが含まれているそうです)とマヌカハニー、ホエイ・抹茶などを配合したタブレットとのことです。

「糖質活用で美ボディ願望を栄養面でサポート」との謳い文句が書かれています。「糖質活用」とは一部のダイエットサプリ業者的には「糖を筋肉を動かすエネルギーとして活用する」といった意味で使っているようですが、「マヌカジンセン」における「糖質活用」のメカニズムやエビデンスは公式サイトからは分かりませんでした。

マヌカジンセンの販売価格

「マヌカジンセン」には単品購入とスラトクコースという定期購入の形式があります。結論から言うと、本日時点で確認できる「マヌカジンセン」の価格は下の表の通りです。

単品購入スラトクコース
規定購入数12粒入り1袋12粒入り21
支払総額 4020円39900円

TwitterやYouTube等でよく見かける「無料+送料300円」という広告で誤解される方も多いかもしれませんが、「マヌカジンセン」は300円では買えません

申し込みボタンのところに「解約保証付」という文字が書かれているので、300円で試してみて解約できるのかなと思うかもしれませんが、規約を読むと【一旦スラトクコースで申し込んだら2回目(20袋)を受け取り代金39600円を支払わないと解約はできない】ことになっています。

1回きりの注文だと思っていたのに大量の商品が届いて、慌てて電話をすると販売業者からも「規約に書いてあるので39600円を払わないと止められません」と言われます。

確かに、現時点で商品名や会社名を入れて検索すると出てくる公式サイトには「小さな字」ではありますが、トータルで39900円の支払になることは細々と書かれています。

この方のように、細かい字なのでうっかり読み飛ばしてしまったという人も一定数いるかもしれません。

しかし、Twitter等の情報によると、未だに「2回目に届く袋数や金額が詳しく書かれていない申し込み画面から注文した」という人がかなりの数いるようです。

呟いている時期が少し前なので、この方々が見た広告は提訴を受ける前の詳しい条件が書かれていないケースなのかなと思いきや・・・

こぶたんもいろいろ探したところ、この記事を書いている本日時点でも39900円の総額が書かれていない公式サイトに飛ぶ広告を確認できました。
動画下の概要欄に書かれているURLをクリックすると見れますが、PCの方は詳しく総額が書かれた方のサイトが表示されます。スマホからは総額の書かれていないページが閲覧できます。(※但し、すぐに差し替えられて見れなくなるかもしれません)

そして、こちらの公式サイトには「やせホルモンGLP-1」の血中濃度がマヌカジンセンを摂取すること70%増加すると謳われています。合理的根拠を提出できるものかどうかは分かりません。

いずれにしても結論は一つです。

マヌカジンセンは300円では買えません!

既に、送料300円のみで購入したつもりが39600円を請求されてトラブルになっている方は「自分が注文した時の公式サイトには39600円の支払が発生することは書いていなかった」と消費者センターに相談しましょう。注文当時のサイト画面のスクショや注文完了メールが残っていればセンターに資料として示すとよいと思います。

もし、そのような資料が残っていない場合でも、納得できなければやはり「 自分が注文した時の画面には39600円の支払が発生することは書いていなかった 。1袋300円しか申し込んでいない」と主張するしかありません。

個人で事業者と電話で交渉するのは限界がありますので、やはりセンターに相談し、書面で販売業者および決済業者(後払い業者やクレジットカード会社)に経緯や意向を書いたものを出して対応を求めるのがよいのではないでしょうか。

おまけの結論

おトクな話にはご用心!
規約はよく読み、注文確定前の内容確認画面や注文完了メールは保存しておこう!

最新情報をチェックしよう!