クーリング・オフとは…?

そもそもクーリング・オフってなに?

●訪問販売 (キャッチセールスやアポイントメントセールスを含む) や訪問買い取り、電話勧誘販売など契約するつもりがなかったのに不意打ちで勧誘されて契約したもの

●エステや英会話教室のようなサービスの良し悪しや業者との相性が分からないうちに長期にわたる高額な契約をするもの

●マルチ商法、内職商法のような複雑な仕組みで消費者に金銭負担の大きいもの

このような契約体系では 消費者がよく商品やサービスの内容が分からないうちに業者に押し切られて契約してしまい、トラブルになるケースが多く見られます。

消費者を守るため、正しく記載された契約書を渡されてから一定の期間契約を解除することができる制度がクーリング・オフです。

訪問販売や訪問買い取り、電話勧誘販売 、 エステや英会話教室等のうち一定額・一定期間以上の契約は8日間のクーリング・オフが可能です。
マルチ商法、内職商法 は20日間のクーリング・オフが可能です。

渡された書面に不備があったり、書面が渡されていない場合は期間を過ぎてもクーリング・オフが可能です。

まとめ

クーリング・オフとは・・・
訪問販売や訪問買い取り、電話勧誘販売 、 エステ・英会話教室のような長期的サービス やマルチ商法・内職商法 のような複雑なサービスを契約後の一定の期間、無条件で解除することができる制度



とは言え、業者と連絡が付かなかったり業者の資金状況により、解約はできても現金で支払った代金を取り返せない場合もあります。

契約する前に他の業者と内容や価格を比べたりして、じっくり検討しましょう。


なお、通信販売や店頭での買い物は自分でじっくり調べたり他と比べたりできるため、クーリング・オフはできません。返品のルールや利用規約をよく確かめて契約しましょう。

※本ブログはわかりやすさを重視しているため、細かい条件を省いた表現になっています。自分のトラブルがクーリング・オフに適用になるか等、詳しい助言を
お求めの方は消費生活センターへご相談ください。

最新情報をチェックしよう!